第43回バイオメカニズム学術講演会
SOBIM2022

おしらせ

今後計画されている情報を随時更新して行きます.

第43回
バイオメカニズム
学術講演会

日時:
2022 年11 月26 日(土)-11 月27 日(日)

会場:
東北大学星陵キャンパス(宮城県仙台市青葉区星陵町2-1)
オンライン開催


最終更新日:

事務局連絡先:
sobim2022[at]gmail.com
atを@に変換してください.

バイオメカニズム学会

第43回バイオメカニズム学術講演会(SOBIM2022)

実行委員長挨拶

 『社会にインパクトのあるバイオメカニズム』を大会テーマに第43回バイオメカニズム学術講演会は,2022年11月26日(土)~27日(日)に宮城県仙台市の東北大学医学部星陵キャパスにてオンライン形式で開催する予定です.人工の手や義肢装具などの福祉機器やロボットあるいはリハビリテーションやスポーツまで、生物や人の動きを支える構造やメカニズムを追求する領域横断的な学会として発展してきた本学会の原点は、その活動を通じて社会に対してどのようなインパクトを与えうるかにあるように思います。テクノロジープッシュとニーズプルが対極に位置づけられることがありますが、現在わたしたちにとって当たり前な技術はニーズとテクノロジーの出会いにより生まれ、メカニズムの理解が深まって社会が変わっていきます。バイオメカニズム学会員の活動がどのように社会に結びついていくか、メカニズム、テクノロジー、ニーズの3つの視点で考えていきたいと思います。
 仙台での開催は3回目となります。当初は現地開催を第一に企画・運営を進めて参りましたが,最近は新型コロナウィルス感染症の流行は収まってきたものの,今後の状況が未だ見通せない状況となっており,学術講演会を開催・運営するにあたり,皆様に快適にご参加いただくことが確約できない状況となっております。そのため、苦渋の決断ではございますが,オンライン開催に変更させていただく判断をいたしました。しかしながら,初めて参加される方々はもちろんのこと,再び参加される方々にも十分楽しんでいただけるような一味ちがった大会にしたいと考えています.皆様の多数のご参加をお待ちしております.

実行委員長:永富 良一(東北大学)

更新情報

2022.07.19 講演申し込みの期限を延長いたしました.詳細は,こちらをご確認ください.
2022.07.11 講演申し込みの期限を延長いたしました.詳細は,こちらをご確認ください.
2022.06.14 参加登録の受付を開始しました.詳細は,こちらをご確認ください.
2022.06.14 講演申し込みの受付を開始しました.詳細は,こちらをご確認ください.
2022.02.14 ホームページ更新開始

企業展示

 企業展示の申し込みを募集中です.展示の詳細はこちらよりご確認いただけます.
 申し込みいただいた企業は随時ホームページに掲載いたします.

協賛団体(予定)

計測自動制御学会,システム制御情報学会,情報処理学会,人工知能学会,人体科学会,精密工学会,電気学会,電子情報通信学会,日本運動生理学会,日本看護科学学会,日本看護技術学会,日本看護研究学会,日本機械学会,日本義肢装具学会,日本義肢装具士協会,日本建築学会,日本作業療法士協会,日本シミュレーション学会,日本写真測量学会,日本人工臓器学会,日本人類学会,日本生活支援工学会,日本整形外科学会,日本生体医工学会,日本生理学会,日本体育・スポーツ・健康学会,日本体力医学会,日本人間工学会,日本バイオマテリアル学会,日本バイオメカニクス学会,日本福祉のまちづくり学会,日本補綴歯科学会,日本理学療法士協会,日本リハビリテーション医学会,日本リハビリテーション看護学会,日本リハビリテーション工学協会,日本臨床スポーツ医学会,日本臨床神経生理学会,日本臨床バイオメカニクス学会,日本ロボット学会,日本ロボット工業会,ヒューマンインタフェース学会,ライフサポート学会,臨床歩行分析研究会,IEEE EMBS Japan Chapter,IEEE EMBS West Japan Chapter

実行委員会


実行委員長 永富 良一 東北大学大学院医工学研究科
副実行委員長 出江 紳一 東北大学大学院医工学研究科
プログラム委員長 渡邉 高志 東北大学大学院医工学研究科
事務局長 門間 陽樹 東北大学大学院医学系研究科
実行委員 佐々木 誠 岩手大学理工学部
  関川 伸哉 東北福祉大学総合福祉学部
  山口  健 東北大学大学院工学研究科
Web担当 長濱 峻介 京都先端科学大学/早稲田大学
2023年度学術講演会委員 第44回学術講演会委員長
常任理事・事業担当 木塚 朝博 筑波大学体育系